スタッフブログ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 保険金をお支払いできない主な場合

2022年3月25日

保険金をお支払いできない主な場合

ロシアによるウクライナ侵攻が続いています。

昨日、開戦後初の捕虜交換が行われたと報道がありましたが

紛争の終結にはまだまだ時間がかかりそうです。

 

日本へ直接の軍事行動が行われているわけではないものの

万が一戦争の被害が国内に及んだ場合、保険で対応する事はできるのでしょうか。

 

答えは できない です。

 

保険契約には必ず「保険金をお支払いできない場合」という項目があり、

たとえば

 

・契約者、被保険者の故意や重大な過失、法令違反による損害

・核燃料物質に起因する事故による損害

・噴火または噴火を原因とする津波による損害

 

などのほか、戦争・内乱による損害もお支払いできない事例に含まれます。

細かい点は契約によって違いますが、戦争被害の補償がされないという点は

共通していると思います。

 

逆に、補償が無いと思われていた事故に対しても

保険金がおりるパターンがあるかもしれません。

疑問がある場合は、ぜひお気軽にエミノワまでご相談ください。

 

 

 

このページの先頭へ